県営養老公園

養老公園(みたいろうこうえん)は、岐阜県内養老郡養老街角における岐阜県営の公園で、名瀑「養老の滝」を中心とした養老山麓に連なる東西約1,800m、南北約600m、総面積786,000平方メートルの大都市公園だ。
公園内には養老の滝をはじめ、養老一生反転要素や岐阜県内こどもの国など、自然と美術・クラブを備えた、大きい年代の方にお楽しみ取れる県民の憩いの公園となっています。

養老公園は飛騨・美濃紅葉33選にも選ばれています。

養老地下鉄養老ターミナルから、高さ30m範囲4mの名瀑・養老の滝までは約40分の方位で、回廊一般がモミジや楓、イチョウなどの紅葉で彩られ、そのグラデーションは非常に見事です。

土産代物暖簾を過ぎた辺りからは、モミジを中心とした紅葉のトンネルとなります。
養老の滝近辺は、巨大な岩や巨木が多く、紅葉も素晴らしいです。
滝へという貫く滝谷沿いはお店も並び、食べ歩きしながら紅葉を楽しむことができます。

養老の滝は、その昔、滝の水が酒に変わったという孝行息子の伝説「孝子資産丞一部分」の昔話を秘めています。

養老の滝を中心に、ウォーキング路が整備されていますので、季節ごとに転じる情景を楽しむことができます。

紅葉の見ごろは、日々11月中旬から12月上旬だ。

なお、2015時世7月額14日光(火)によって、養老公園はペット(愛犬)ものの来園が可能となっていますが、連込み差し止めスポット周辺ありますので、公園応用系統によって、ペットも一緒にみんなで面白く紅葉狩りに行きましょう。手話資格取得で拡がる選択肢

県営養老公園